通信制大学で司書資格取得

先日通信大学での単位を全て取り終え司書資格を取得しました。期間は約一年かかり、費用は約10万円ほどでした。その経験からメリット・デメリットをまとめてみました。

まずメリットですが、学校へ行かなくても良いことです。私の場合体調を崩して外に出ることが出来ない状態でしたので、家でレポートを出すだけというのは本当に助かりました。

また通信でも割引サービスが受けられるところもメリットです。カラオケ・映画など大学生と同じように学割が受けられます。ただし電車の通学学割などは受けられませんでした。

デメリットとしてはレポートなど自分で計画を立てて行わなければならないという点です。通常学校へ行くと先生から提出期限を決められたりなどフォローしてくれる人がいますが、通信ではそういったことはないので自分で律することが必要になります。

またテキストを読んでレポートを書くのですが、理解できない場合でも誰かに聞くことが出来ません。これがかなりきつかったです。そのため自分で図書館へ行くなど自主学習が求められます。私の場合は一部通学をして受講するという形でしたので内容を理解することが出来ました。それでも基本テキストを読むだけの通信では、専門学生や大学生に比べると専門性は低くなると思います。

現在は保育士、学芸員、社会福祉士なども通信教育で取得することができます。実務経験が必要な場合などもありますがやむをえない事情で外出できない人からしてみれば通信はありがたい制度だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です